忍者ブログ
世界遺産擬人化ブログです
2017/12
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

数日前ですが「たけしの日本の味方」~世界遺産 知られざる光と影!?~を見ました。
ここにちょっとログが)

いやぁ、良い番組でした。

まず「行ってみると意外とガッカリな世界遺産」で石見銀山が叩かれて(笑)ましたが
番組構成上極端な演出はあったと思いますが
(センターまでなら本当はバスは出てるし…)
私が行った時は有料の案内コースを申し込んでいたので、普段公開していない間部(まぶ)までバスで行けましたが
そうか。タダで楽しもうと思ったら、歩かないといけないのか…



石見銀山は、世界遺産登録年には観光客が増えた事により観光バスを増便。
しかし、その結果…
ふもとの町民へ迷惑がかかり、バスの振動による落石などで間道が壊れてしまうなどの影響などから
翌年、バスを廃止したそうです。
凄い決断だと思います。

確かに私が行ったときも駅はわりと静かでした。
でも「観光地を見に行った」訳ではないのだし、私もそれで良いと思いました。
まぁ、これはいち観光客の意見であって^^;現地で働かれている方々にとって
この決断は本当に凄い事だと思います。
観光客が減ると、生活に困る訳ですから。

「観光客がゼロでも世界遺産は世界遺産で、それを大切にしたい」
というお言葉。素晴らしいです…
銀山、ほんと良いトコ…。・゚・(ノД`)・゚・。
私も是非また足を運びたいです!
夏に行くと坑道は涼しいですし、ふもとの町並みもすごく良いですし
一部では超有名というコーヒー店があって、そこには是非もう一度行きたいです。
普段あまりコーヒーを飲まない自分も本当にこれは「美味しい!!」と思えたので…
地元の方に聞いたら多分即店の名前を教えてくれるくらいには有名なトコらしいです。
石見銀山に行かれる方は是非。
店のおにーさんも大変きさくで良い方でしたw





そしてもう1つ。平泉の世界遺産登録の裏で起こっていた骨寺村の悲劇?の話。
私もこれは知りませんでした。

平泉は2008年に一度登録を申請したものの、ユネスコの会議に通らなくて
再度申請して見事2011年に登録を果たしましたが

700年前の景観をそのまま残している骨寺村の文化的景観を遺産登録範囲にした方が
登録に有利になる!との理由で、骨寺村に手を入れる(?)事に・・・
元々整備するつもりだった地元の人には不便な田んぼの改修も登録のため延期、
そして実に3億円かけて、交流館を作ったり休憩所を作ったりと努力をされたそうです。
でも、結果は「範囲を広げすぎて平泉と浄土思想の関連性が証明できない」との事で
結果骨寺村は登録範囲外に・・・・・・

現地に暮らす人たちにとっては、遺産登録って何だっけ…ってなりますよね。
結果、振り回されただけ。


そしてもう1つ。
世界遺産じゃないけど海外からの観光客に人気という立山黒部アルペンルートの紹介。
有名な黒部ダムですね。
(以下引用)
世界遺産となればよりメリットがあるのではないかとも思うが、立山黒部貫光の桔梗克彦氏は
「世界遺産になったから、自然を守るのではなく、世界遺産になってもならなくても本質はかわらない」と述べた。



最後にたけしさんが、登録の立候補制は廃止して覆面調査システムにすべきでは?と発言されてましたが
確かに、本来の意味で「世界の遺産」と世界中の人から言われるためには
そうした方が良いのかも。と私も思いました。


日本はここ2年ほどで平泉・小笠原・富士山とが世界遺産に登録されて
正直、今ちょっとうかれてると思います(^^;…
この調子だと毎年1つずつ(自然遺産&文化遺産)を候補として提出していくんだろうな~と思うと
やっぱり「世界遺産登録のため動く」事になると思うので
それでは何の意味もないのでは…と思います。
元々ある素晴らしいものを守っていくために世界遺産ってあるんじゃないのかな?

こんなブログサイトを運営している身ではありますが、実はあんまり
世界遺産登録!どんどんやって!!!
と推奨している方ではありません。
本当に世界の皆で守っていくべき遺産であれば登録されて当然だと思いますし
登録の項目条件を果たすために現地を改装するなど本末転倒だと思うので………

元々自分の中にもそんな思いがあったので、今回の番組、良い番組だなと思いました。
富士山登録で、やはり世界遺産や富士山を特集する番組が増えてますが
「富士山登録の良い面/悪い面」を特集する番組は多数あれど
こういった世界遺産全体の光と闇を見せてくれる番組はあまりなかったので。
何だか嬉しかったです。もっとやって欲しいな。

拍手[0回]

PR
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]